日本M&Aセンターの創業メンバーの一人が、 1.1億円脱税で告発された。。。

2022年8月4日に、一斉にメディアで報道されたこの事件、いったい何故なんでしょうかね?


今回、東京国税局から所得税法違反の疑いで刑事告発されたのは、日本M&Aセンター共同創業者の大山敬義元取締役です。
大山元取締役は、1991年に日本M&Aセンターの創業に関与し、その後、取締役に就任(すでに退任)。子会社のBatonzを立ち上げ、代表取締役として、2022年3月末まで就任していました。
また、経営コンサルティングなどを行う会社「アルコンC&I」(東京都渋谷区)を、設立していました。

大山氏は、S/O(新株予約権)で得た日本M&Aセンターホールディングスの株式を、2020年に換金し、10億円以上の利益(金融所得として確定申告必要があります)を得ているのに、約7億4600万円を隠し、所得税およそ1億1100万円を脱税した疑いらしいです。

この大山元取締役は、脱税した金を自身が関与する会社への貸付金などに充てていたということです。

既に、大山元取締役は、修正申告と納税を済ませたとしたうえで、「追加で納税すればよいという軽い気持ちで行ったものだが、違法行為には違いなく深く反省している。すべての職を辞し、当面、謹慎生活を送ることにした」と説明しています。

この大山氏は、 「アルコンC&I」 を利用して、自らM&Aしようとしていたみたいです。
M&A業界に居ると、お得な売り案件(明らかに、一般価格より安い売り案件)の情報入手が可能ですから。

ただ、実事業の経営というは、日本M&AセンターやBatoznを経営していた感覚とは、少し、異なる事の方が多いものなんですがね。。。



続報が入れば更新します。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です