Batonz、TRANBI、ビズリーチ・サクシードなどなど、、、

マッチングサイトが、伸び来ました。
M&Aにおいても、WEBサイトで気軽に案件入手できるマッチングサイトが、人気を伸ばしています。

先日2020年9月22日のガイアの夜明けでは、「

今なら 会社買うでしょ!~コロナで急増する個人M&A~

」が放映されました。
この番組では、3つの事例が取り上げられていました。
特に、買い手側(譲受側)にフォーカスを当てての取材だったので、これからM&Aをして事業拡大したい企業や、M&Aで脱サラを考えているサラリーマンの方には、とても有意義な事例・番組でしたね。

ここでは、そのM&Aのマッチングサイトを、いくつか紹介していきます。

Batonz、日本M&Aセンターの子会社

コロナ禍で、一番、伸びたのが、Batonz(バトンズ)だと思います。
ここの特徴は、スタッフが、日本M&Aセンターからスピンアウトしており、M&Aを熟知しています。オンライン講座も豊富で、サポートもあります。
買い手候補は、素人も企業も両方が混在しています。


TRANBI(トランビ)

WEBを使ったマッチングサイトでは、他のサイトよりも一番、古いかもしれません。近年、増資で大きくなりました。買い手候補が素人(サラリーマンで副業や脱サラを目指す人たち)も多く、通常のM&Aとは違うマッチング事例も多々、産まれています。

ビズリーチ・サクシード、旧ビズリーチの事業部

登録者(売り手も買い手候補も)は、企業に限られるため、一定の信用が担保できることが大きな特徴だと思います。
サクシードのスタッフもしっかりしている印象があります。
ただし、ここは、アドバイザーのためのサイトの様な機能です。
本業のビズリーチ自体も、高額転職を支援するために、人材紹介業者向けのプラットフォームとして普及・成長してきましたので。
ここの凄いことは、買い手側ユーザーで、月次課金プランが存在すること。要するに月次費用を支払い、より有利(早い、会員限定案件)を得ようとしているユーザーが存在しているのです。



MAfolova、enジャパンの新規事業 https://www.mafolova.biz/

登録者(売り手も買い手候補も)は、確認作業があるため、一般人や企業の担当が利用しますが、一定の信用が担保できることが大きな特徴だと思います。
ただ、知名度では、他のマッチングサイトよりも低いため、ある意味、穴場な時もあります。


このように、複数のWEBマッチングサイトが存在します。
よくよく考えると、不動産業界と近いものもあります。要するに仲介・媒介業ですから。
とすると、今後も封数のWEBマッチングサイトが継続されると思われます。


結論!
現時点での結論は、複数のサイトを使いこなした方が良いです。
なぜなら、不動産サイトと同じようなイメージです。

●スーモ(SUUMO、株式会社リクルート住まいカンパニー、上場企業)、
●ホームズ(HOME'S、株式会社LIFULL、上場企業)
●アットホーム(at home、アットホーム株式会社、非上場企業)
他にも複数あり、、、


(このブログは、順次、更新していきます)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です