ペイパル、Paidyを3,000億円(約27億米ドル)で買収へ

9/8(水)、ビッグなM&Aの話が来ましたね。なんと、3,000億円(約27億米ドル)。
事例紹介として、ホームページやリリース等から、事実を記述しますね。

■記事:
■ペイパル、Paidyを買収へ(日本語訳版)
https://newsroom.jp.paypal-corp.com/2021-09-07-PayPal-to-Acquire-Paidy
■オリジナルのリリース:
https://newsroom.paypal-corp.com/2021-09-07-PayPal-To-Acquire-Paidy

2021年9月7日、カリフォルニア州サンノゼ/PRNewswire/– PayPal Holdings, Inc.(NASDAQ:PYPL)は、本日、業界をリードするあと払い(Buy Now Pay Later)サービス「ペイディ」を提供している
株式会社Paidyを3,000億円(約27億米ドル)の現金で買収することを発表しました。

担当:ペイパルの日本事業統括責任者ピーター・ケネバン


では、会社の状況を見てみましょう。

株式会社Paidy について
■URL: https://paidy.com/company/

■資本金(資本剰余金を含む):291億5,058万6,438円(2021年3月末時点)

■代表取締役会長 ラッセル・カマー
メリルリンチ証券とゴールドマン・サックス証券を経て東京に株式会社Paidy(旧エクスチェンジ・コーポレーション)を設立。スタンフォード大学院数理ファイナンス修士。

■代表取締役社長 兼 CEO 杉江 陸
富士銀行(現みずほFG)、アクセンチュアを経て、新生フィナンシャル代表取締役社長、新生銀行常務などを歴任。東京大学卒、コロンビア大学MBA並びに金融工学修士。

■取締役 兼 CFO 藪内 悠貴
JPモルガンでM&A・資金調達アドバイザリーに従事後、カーライルで投資評価・実行、企業価値向上施策から上場含むエグジットまで関与。東京大学薬学部卒、東京大学工学修士。


こんなメンバーなので、経歴だけでも最強チームかもしれません。


■事業内容: あと払いサービス「ペイディ」

■登録:
 貸金業 東京都知事(3)第31529号
 個別信用購入あっせん業 関東(個)第86号-2
 包括信用購入あっせん業 関東(包)第122号
 クレジット番号等取扱契約締結事業者 関東(ク)第140号

■沿革(創業からPaidyができるまで):
2017年11月 「Paidy翌月払い」口座数100万を突破
2016年7月  シリーズBラウンドで、SBIホールディングス、
        Eight Roads Ventures Japan、伊藤忠商事、Arbor Ventures、
        SIG Asia Investments等から総額1,500万米ドルの資金調達
2014年10月 事前登録、クレジットカード不要のオンライン決済サービス
        「Paidy翌月払い」提供開始
2014年7月  シリーズAラウンドで、Arbor Ventures、500 Startups等から
        総額330万米ドルの資金調達
2009年12月 ソーシャルレンディングサービス「AQUSH」の提供開始
2008年3月  株式会社エクスチェンジコーポレーション 設立

なお、
今回のM&AについてFA関係は、以下みたいです。

【ペイパル側】
■財務アドバイザー:  バンク・オブ・アメリカ
■リーガル・カウンセル:ホワイト&ケース

【Paidy側】
■財務アドバイザー:  ゴールドマン・サックス
■リーガル・カウンセル:森・濱田松本法律事務所およびCooley LLP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です