乗っ取り事例:松本酒造、、、

悲惨ですねぇ、、、
この松本酒造(京都・伏見)は、寛政3年(1791年)に創業された老舗の蔵元です。

以下、松本日出彦さんのfacebookの文章から、、、

https://www.facebook.com/profile.php?id=100005865908272




松本日出彦

松本日出彦:松本酒造の杜氏、 1982年京都市生まれ。高校2年の時にラグビーで全国制覇。神奈川の大学に進学し、一時はプロのDJを志す。その後、東京農業大学短期大学の醸造学科を卒業、名古屋市の萬乗醸造での修業を経て、2007年に26歳で実家の松本酒造に戻り従来の酒造りを大きく変えた。
出典 https://note.com/shuhari_sake から引用

日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」でも掲載されていますね。

出典 『日経ビジネス 2021.01.25 No.2075 』から引用


実際に酒蔵を運営されていた松本保博(お父さん)と、松本日出彦さんが、他の株主から追い出されたみたいですね。
このお二人の株式の持ち分は約20%だと。
他の株主は、親族へ分散されているみたいです。
やはり、どんな業主・時代においても、株主工作は必要ですね。

「澤屋まつもと 守破離」シリーズは、この二人が中心となって2012年に開発した新しい日本酒・銘柄です。
最近だと、守破離の出荷量が1000石以上(1石は180リットルに相当)に成長していましたので、結構、頑張っていたかと。。。



(詳細が入り次第、UPします)






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です